週刊博士課程

平成31年4月からアカデミアを目指して博士課程に進学する筆者が、研究生活等について徒然なるままに書こうと考えています。

週刊博士課程

通勤や通学用コスパ最強イヤホンにTT-BH026をオススメする理由

Tao Tronics TT-BH026

どうも博士課程のHEK293Tです。

 

いつも愛用していたイアホンが壊れてしまったため、新たなイヤホンを購入!

 

実は、前々から気に入っているイヤホンのメーカーがあるんです。

 

その名も

「TaoTronics」です!

 

これまでは、TaoTronicsさんのTT-BH07を使用していました。

 

そして、今回もTaotronicsさんの商品を購入しました。

今回選んだ商品は、TaoTronicsのBluetoothイアホン「TT-BH026」!

 

今回は、TT-BH026についてご紹介させていただきます!

 

 

TT-BH026の特徴

TaoTronicsのBluetoothイヤホンの最大の特徴とも言えるのがコスパがとても良いことです。

そして、今回購入したTT-BH026は、さらに一際コスパがいいですね。

コスパの良さの理由としては、

  • 価格が安い
  • 安いのに音質が良い
  • イヤーフック式かつマグネットも内蔵で落としにくい、さらにはIPX4防滴設計など
  • 充電時間が短く、連続再生時間が長い

ですかね。

では、詳しく説明させていただきます。

 

理由1:価格が安い

 Bluetoothイヤホンってどうしても高いんですよね。

しかし、TT-BH026は最低価格が3,480円〜からという良心価格なんです。

しかも、下の写真のように、付属品もしっかりついていてこの価格なんです。

f:id:hdk46mer:20190620023728j:plain

 具体的な付属品は、

  • 3種類のサイズのイヤーフックとイヤーチップ
  • 充電コード
  • 格納用袋

です。

 

イヤホンで問題になるのって、耳へのフィット感ですよね。

イヤーチップが大きすぎて入らないとか、ブカブカしてしまうとか、

耳へのフィット感が悪いと、せっかく安いから買ったとしても安物買いの銭失いになってしまいます。

しかし、TT-BH026では、S・M・Lの3種類のイヤーチップとイヤーフックが付属されているため、自分の耳に合わせてサイズを変更できます!

 

理由2:安いのに音質が良い

イヤホンを購入する時に、必ず気になる事って音質ですよね。

 

TT-BH026はですね、安いにも関わらず高音質なんです。

 

TaoTronicsはもともと低音域を得意としているみたいですが、TT-BH026もしっかりと低音域が際立っています。

(個人的には、TT-BH07の方がより低音域が際立っているように感じましたが、TT-BH026でも十分に低音域がなっています。)

 

しかし、低音域が際立ってもゴワついた感じはなく、ボーカルの声もはっきりと鮮明に聞こえます。(こちらはTT-BH07よりTT-BH026の方がいいですね!)

 

総合的に考えて、3,000円代という価格設定なのにこの音質のクオリティは驚かされます。

 

また、人混みでも安定した通信で、他の機器と鑑賞して聞きにくくなることも今のところありません。

 

 

理由3:イヤーフック式かつマグネットも内蔵で落としにくい、さらにはIPX4防滴設計など

TT-BH026はイヤーフック式を採用しており、さらにイヤーフックのサイズも選べます。

 

既知の事実ですが、イヤーフックが耳にジャストミートすれば、装着感の安定感が増し、遮音性も向上します!

 

ですので、実はイヤーフック式ってかなり重要だと個人的には思っています。

 

また、このイヤーフックのサイズが選べるのもとてもありがたいんです!

 

実は、私、耳の穴が少し小さく、イヤーチップを小さいサイズにしても外れてしまうんですよね。ですので、イヤーフックがあると装着感の安定性が増し、耳からイヤホンが落ちにくくなるんです。しかも、イヤーフックのサイズが選べるのでよりイヤホンの耳への装着性を向上させることができます。

 

さらに、イヤホンヘッドにはマグネットが内蔵されているため、使用しない時や、コンビニの会計などイヤホンを少しばかりイヤホンを外したい時などは、イヤホンヘッドのマグネット同士をくっつけてネックレスのように首からかけることができ、落下防止になります。

 

これ、かなり便利なんですよ。まず落とすことがない。

 

ワイヤレスやBluetooth式イヤホンの問題点でもある紛失問題ですが、コードレスであればあるほど、落としやすく落とした時に気づきにくいものです。

 

ですが、マグネットによりネックレスのように首からかけるとまず落とすことがありません。

 

ですので、TT-BH026は紛失対策もバッチリなのです。

 

他にも防滴設定や同時に2台までマルチ接続可能など3,000円代で手に入るとは思えない機能が付いています!

 

本当にすごいですTT-BH026!

 

理由4:充電時間が短く、連続再生時間が長い

Bluethoothイヤホンで注目せざるおえないのが充電時間と再生時間です。

 

TT-BH026は申し分ないです。

 

TT-BH026の充電時間は1~2時間で、連続再生時間は最大8時間です。

 

ちょこちょこっと充電するだけで、8時間も再生できる。

8時間といったら一日の1/3です。

十分ですよね。

 

お出かけするにはちょうど良い再生時間だと思います。

なんども申しますが、3,000円でこのクオリティー本当にすごいです。

 

 

最後に

以上TT-BH026の特徴でしたが、皆さま、この破格のコストパフォーマンスを有するTT-BH026の凄さを感じてもらえましたでしょうか。

個人的には、TT-BH026も納得いく商品で、ますますTaoTronicsが好きになりました。

皆様も、イヤホン選びに困ったらぜひご一考いただければ幸いです。

 

 

 

 

www.weekly-doctor-course.com

www.weekly-doctor-course.comwww.weekly-doctor-course.com